安全な仮想通貨投資法⑤

Cyva(サイヴァ)の秘密

カレンシータイプのクリプトカレンシー(暗号通貨)

今、カレンシータイプの暗号通貨と言えば、トップはビットコインです。

ビットコインは、発行された時の価値から、なんと1000万倍に値上がりしています。イーサリアムについても急速に値上がりしています。

クリプトカレンシー(暗号通貨)のカレンシータイプは、価値があり、放って置いても、多くの人が利用するようになれば、価値がどんどん上がっていきます。

これから紹介するCyva(サイヴァ)というカレンシータイプのクリプトカレンシー(暗号通貨)です。カレンシータイプは、開発に非常に時間がかかり開発費用もかさみますので、簡単に発行されることはありません。ですので今、3000以上あるというクリプトカレンシー(暗号通貨)の中でも非常に数が少なく、貴重なのです。

Cyva(サイヴァ)とは、

Cyvaの名前の由来は、

  Cyber + Value => Cyva(サイヴァ)

また、Cyvaは、2019年に取引所に上場を目指しているクリプトカレンシー(暗号通貨)です。

ですので、まだ、取引所で両替えをすることはできません。

今、クリプトカレンシー(暗号通貨)としてトップであるビットコインは、設計された当時、決済に使われるなんてことを想定していなかったと思われ、いろいろとホコロビガが見えてきています。
例えば、決済に時間が掛かるなどです。

後発であるCyvaは、ビットコインの良いところを踏襲しホコロビのある所を修正し、しかも嬉しい機能を追加しています。

開発は、UAEのC+V社ですが、スタートを日本からするとのことで、フィンテック・ゲート・アジア社が主になり、投資家たちが集まってOne ASIA プロジェクトを立ち上げてプロモーションをしています。

この記事を書いている間に「One ASIA」より動画セミナーが公開されました。
次から、その動画セミナーをご覧ください。

 

シェアしてね。
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPrint this page